SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Ayame' Journal

Ayameweaves Co., ltd.
Journals on a daily basis from Tokyo to London
Written by Ayame' Designer
<< さいきんダイジェスト | main | ロマンティック伝説 >>
ロンドンのBrownsにて
0


    ちょっと前に、ロンドンの老舗ハイエンドセレクトショップBrownsにayameが決まったとお知らせしましたが、パリの後、ロンドンに立ち寄って確かめてきました。
    あったあった!ありましたよ!一応、お店の人にことわって写真撮らせてもらいました。
    や〜、嬉しいです。

    しかし、素直な読書の皆様はこのドアップ写真じゃ分からないかと思うので一応説明しますと、Ayame'が置かれていたのはBrowns Focusのベースメントフロアの一番奥、ほとんど見えない場所です。Browns行ったことある人は分かるかなー?Brownsには、フォーカスというカジュアル(といってもゴージャス)な売り場があります。アクネとかアレキサンダーワンTとかデニムがあって、階段降りて右斜め前方の狭い廊下みたいな目立たないところに、Browns Focusのオリジナルブランドと一緒にひっそりとラックにかかってました。

    海外営業担当&Brownsをとってきた若いNAO氏は、こんな目立たない場所に置かれていたら全然売れないじゃないか〜!!と申しておりましたが、いやいや、いいんですよ、まずは。異国の馬の骨ブランドがここにいるだけで、まずは御の字です。次のシーズン、そのまた次のシーズンで、グランドフロアに上がれるように頑張ればいいんだから。新人さんなんだから、ここでいいのです。
    ちなみにグランドフロアには、ジュンヤ様とかマルニ様とか。お向かいの本家Brownsには、ドリス様とかランバン様とか。あと、電車で移動しない人用の靴とか売ってます。ルブタンとかマノロとかね。イギリスのポッシュな人がお買い物なさっています。

    そんなリサーチの一コマでした。
    | OVERSEAS | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://journal.ayame-jp.com/trackback/1275238