SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Ayame' Journal

Ayameweaves Co., ltd.
Journals on a daily basis from Tokyo to London
Written by Ayame' Designer
Ayame' the shop 【2011年1月3・4週目】
0
    Ayame' the shop、近々の営業予定です。

    1/13(木)13:00〜18:00
    1/14(金)お休み
    1/15(土)12:00〜19:00

    1/20(木)13:00〜18:00
    1/21(金)13:00〜18:00
    1/22(土)12:00〜19:00

    イギリス蚤の市で仕入れたヴィンテージや、可愛いヨーロッパのエコバッグも近々入荷しますので、お楽しみに!
    またこちらでお知らせしますね。
    | NEWS | 11:24 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    新レパートリー
    0
      もらったリンゴが山のようなのでアップルパイにしてみました。
      富士りんごだったからもっと甘さ控えめにしてもよかったかもね。甘すぎー、だとか、パイ焼きすぎで源氏パイみたいー、だとか家の人からは散々な言われようでした。今年はお菓子作りにも挑戦したいなあ。(計らなくていいヤツ限定で)
      これから仕事に行ってきます。
      | THINGS | 11:17 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      日々の事、徒然
      0
        家の人がインフルエンザA型に感染しました。しかも感染した日の夜半、我がでは、家の一部を残してすべての電気が停電するという惨事に見舞われました。

        夜も遅うに、冷蔵庫だけは死守せねばと延長コード10m分買いに行ったり、風呂屋に行ったり散々でした。あー テレビもねぇ ラジオもねぇ 電話もねぇ オラこんな村イヤだ〜、て吉幾三な気分でした。つまりエアコンもつかず、トイレも流せず(電動だからね)、薄暗い部屋で猫を抱いて毛布にくるまりiPhoneをコチコチ打っていました。普段から電気の生活に慣れているとサバイバルできないですね。便座って電気通ってないと冷たいねえ〜。
        結局次の日電気屋さんが来るまで復旧せず、うすら寒い家でお茶を飲み続けていました。インフルエンザ介護と合わせて仕事にも行けず寒い一日を過ごしていました。あー、ホント寒かった。

        年明けはのんびりしていたので久々にブログパトロールをしていたら、大好きなワインバーのマスターが入院していました。しかも随分と前に。ちょうど10月あたりから展示会激務と年末進行が始まり自分の事でいっぱいいっぱいでブログパトロールを怠り始めた頃からでした。何となく心がズキンとしました。そんなにしょっちゅう行ってるわけじゃないのだけど、ココ一番の時や自分にご褒美な気分の時に行く代官山のワインバー。食事も私好みの豪快&繊細さで。
        毎日一緒にいる人、しょっちゅう会う人、半期に一度会う人、何年かに一度会う人、ほとんど会えない人、、、周りの人とはいろいろな距離感で関わっていて、そのどれもが私にとってはとても大事で、それぞれが心地よい距離感です。そんな事があり、来た年賀状を見ながら、あの子は元気かな、あの人はどうしているのかな、といろいろ思い、今年の目標に一つ「会いたい人には会う」という事を加えました。自分の事にせいいっぱいになるとなかなか難しくって、私にとっては目標にかかげるに値する事がらなんです。

        これは豪快な料理つながりで。ロンドン郊外に住む友人リチャードのパリパリポークのロースト。
        彼らは二月にご夫妻で来日されるので、今から楽しみで楽しみで。
        | THINGS | 23:17 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        WAD Winter 2010-11 issue
        0
          フランスのファッション誌「WAD」にAyame'が紹介されました。
          フランスにお住いの方は、ぜひ書店でご覧ください。


          New kidsというコーナーで、イラストとともにグラフィカルにフューチャーしていただきました。

          | PRESS | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          30 Years of Japanese Fashion
          0
            年末ロンドンでの事。バービカンアートセンターで開催中の、30 Years of Japanese Fashionを観てきました。2フロア使ってのかなり見ごたえのある展示でした。日本を代表する、Issey Miyake、 Rei Kawakubo、Yohji Yamamotoの三人はもちろんの事、今回はNew generationとしてもたくさんのブランドがフューチャーされていました。


            ニュージェネレーションで紹介されていたブランドは、Tao Kurihara、Fumito Ganryu、Matohu、Akira Naka、Mina Perhonen、Ne-net、アンリアレイジ、Mikiosakabeそして、Mintdesigns等々(すでに記憶薄・・・)。年齢が近かったり、近しい存在だったりするこの世代が、ここバービカンセンターで大々的に取り上げられていて、とても誇らしい気持ちになりましたし、自分も頑張ろうと思ったのでした。
            しかし、新世代として紹介されていた若手ブランドは多かったのに対して、とある時代のブランド数が少ないなあ、、と思ったのですが、よくよく考えてみると記憶に残るいいブランドはたくさんあったけど、色んな事情で今は存続していないのでした。そういった意味で、継続するという事の重みを考えます。

            写真、ミントデザインズさんのコーナー。工場さんに見せてあげたくて隠し撮り。


            館内は、沢山の人が観に来ていました。中学校の社会科見学と思しきキッズ達が、おそらく課題であろうスケッチをしていたのが印象的でした。コムデギャルソンのそれ、スケッチ難しいだろうに!
            | OVERSEAS | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |